[PR]

 「物言う株主」として知られる米投資ファンドのサード・ポイントが、小売り大手セブン&アイ・ホールディングスの後継者選びに注文を付けたことが28日、わかった。セブン&アイの鈴木敏文会長が、「血縁関係を理由に幹部を昇進させるのは正当化されるものではない」などとしている。

 サード・ポイントが、セブン&アイの取締役あてに書簡を送った。書簡では、セブン―イレブン・ジャパンの社長交代のうわさがあるとした上、「鈴木会長が子息の鈴木康弘氏を将来のセブン―イレブン社長、セブン&アイのトップに就ける道筋を開くといううわさも耳にしている」と指摘。「真実ならトップとしての適正と判断力に重大な疑問が生じる」としている。

 サード・ポイントはセブン&アイに対してこれまで、不振の総合スーパー「イトーヨーカ堂」の分離を含めた事業の見直しなどを求めてきた。

こんなニュースも