[PR]

 「AYA世代」といわれる15~39歳に最も多いがんの一つ「急性リンパ性白血病」の原因となる新しいがん遺伝子を、東京大の間野博行教授(細胞情報学)らのチームが見つけた。この病気の大半を占める型では、19種類のがん遺伝子(全体の約65%)を特定できたといい、新たな診断や治療薬の開発が期待される。

 29日付の米科学誌ネイチャー・ジェネティクス(電子版)で報告された。

 間野氏らはこの世代の代表的ながんで、9割以上が原因不明とされるB細胞性の急性リンパ性白血病に着目。名古屋大病院などの患者73人の細胞をゲノム(全遺伝情報)を速く解読できる「次世代シーケンサー」と呼ばれる装置で解析した。

 その結果、健常者では発現せず、遺伝性の特定の病気で細胞死を誘導する特定の遺伝子「DUX(ダックス)4」が、別の遺伝子「IGH」と融合すると、がん化することがわかった。この特定の遺伝子DUX4とがんとの関わりは知られておらず、マウスの実験でも確認されたという。

 この特定の遺伝子「DUX4」…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも