[PR]

(28日、選抜高校野球 龍谷大平安2―1明石商)

 ひととき激しく降った雨の影響についてエースは「ないです」と即答した。十二回2死満塁。明石商の右腕吉高の178球目はスプリット。高めに入ったところを小川に痛打された。

 「磨いても磨いても磨ききれない球。覚悟を決めて投げられなかった」。同じ回、1死満塁ではスプリットでこの日11個目の三振を奪っていた。低めに投げ切れれば武器になる一方、「まだ変化量にばらつきがある」と不安もあった。1ボール2ストライクと追い込んでいただけに「最後の1球が甘く入って本当に悔しいです」。

 味方はバント失敗などがあって…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも