[PR]

 ネット通販大手の楽天は28日、高度なドローン開発技術を持つ「自律制御システム研究所」(千葉市)に出資すると発表した。将来、ドローンを使った商品の配送を検討しており、機体の開発から製造、販売までを手がける研究所との関係を強める。

 楽天は投資ファンドの東京大学エッジキャピタル(東京・文京)と共同で、研究所の増資に応募するほか、既存株主からも株を取得する。投資規模は5億円超、出資比率は2割超になると見られる。

 楽天は5月から千葉県内のゴルフ場などで、プレー中の利用客がスマートフォンで指示すれば、ドローンが食事やゴルフボールを配送するサービスを始める予定。このドローンには早速、研究所の技術が生かされているという。

 楽天は国家戦略特区になった千葉市で行われるドローンによる配送実験に参画することを決めている。

こんなニュースも