[PR]

(28日、選抜高校野球 高松商17―8海星)

 相手に傾きかけた流れを引き戻す4番の一発が、左中間席へ飛び込んだ。八回、高松商の植田響介が、カーブを完璧にとらえた。

 「ぼくたちはつなぐ野球。出塁を考えた結果が本塁打になった」。六、七回に反撃され、3点差に詰め寄られていた。八回の攻撃も簡単に2死。それが4番のひと振りで一変した。さらに3連打で2点を追加。

 その3連打の真ん中で三塁打を…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

こんなニュースも