[PR]

 上空に流れ込んだ寒気の影響で、28日午後、東京都内や宇都宮市など関東・甲信地方の一部で、局地的にひょうが降った。

 気象庁によると、上空に流れ込んだ寒気に日中の気温の上昇も加わり、非常に活発な積乱雲が発達したことが影響した。東京地方では28日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定で、一部でひょうが降る恐れがあるという。

 気象庁は、雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼びかけている。

関連ニュース