[PR]

 ベルギー連続テロで、ベルギー検察当局は28日、テロ殺人などの容疑で2日前に逮捕していた「ファイサル・C」容疑者を、嫌疑不十分で釈放したと発表した。地元メディアなどは、この男性をブリュッセル空港の爆発に関与した「ファイサル・シェフ容疑者」と報じてきた。

 捜査当局は、空港の監視カメラの新たな映像を公開し、改めてテロの全容解明のカギを握るとみられる男の情報提供を呼びかけている。男は白っぽい上着に帽子姿。テロの前、空港で自爆死したイブラヒム・バクラウィ容疑者(29)らと並んで、スーツケース用のカートを押して歩いていた。検察当局によると、爆発物をスーツケースに隠し持っていたとされる。

 地下鉄の爆発でも、監視カメラが、自爆死したイブラヒム容疑者の弟ハリド容疑者(27)と、爆発の少し前まで行動を共にした男をとらえている。捜査当局は今回のテロの実行犯として、行方の分からない残る2人を追っている。(ブリュッセル=吉田美智子)

こんなニュースも