[PR]

 博多―長崎間を結ぶ九州新幹線長崎ルート(長崎新幹線)について、与党と国土交通省、佐賀、長崎両県などは29日、武雄温泉駅(佐賀県武雄市)で在来線特急と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」で、当初予定の2022年度に開業させることで合意した。

 JR九州と鉄道・運輸機構も交えた6者が福岡市で協議し、合意文書を交わした。車輪の幅を変えて在来線も新幹線も走れるフリーゲージトレイン(FGT)を導入して22年度までに開業予定だったが、車両の開発が大幅に遅れている。このため、武雄温泉―長崎間に従来の新幹線を走らせ、暫定的にリレー方式で運行して開業時期を維持する。

 武雄温泉駅での対面乗り換えのためのホーム改良工事など、本来不要だった計70億円の追加費用は国とJR九州が負担する。佐賀、長崎両県も一部を払うが、開業後に両県がJR九州から買う予定だった並行在来線の駅や線路の支払い(14億円)を免除して相殺し、実質的な負担をなくす。

 博多―長崎間の最速の所要時間は現行の在来線特急が1時間48分。リレー方式は1時間26分、FGTは1時間20分と見込まれている。(石田一光、土屋亮)