[PR]

 先週アップルが発表した「iPhone SE」および「iPad Pro 9.7インチ版」の実機を使った最新レビューをお届けします。日本ではどちらも現在予約受け付け中で、3月31日から販売がスタートします。どちらも「過去に出たデザインに最新の中身」というコンセプトは似ています。ですが実際に使ってみると、少々立ち位置が異なることもわかってきます。それぞれの性能などから見える強みと弱みなどの特徴を解説しましょう。(ライター・西田宗千佳)

■iPhone SEはカメラや動作速度が劇的に向上

 まずiPhone SEから行きましょう(写真1)。iPhone SEは、2013年秋に発売された「iPhone 5s」に似たデザインをしています。今回テストした「ローズゴールド」モデル(写真2)は新しくラインアップに加わったものなので違いがわかりやすいのですが、ゴールド、シルバー、スペースグレイの3色については、角の仕上げが光沢からマットに変わったこと以外、ぱっと見には5sとの差がわからないかも知れません。しかし実際には、内部のプロセッサーやカメラが最新のiPhone 6s世代と同等になっていて、快適さが増しています。

 具体的に、5sとどこが変わったかといえば、プロセッサー速度とカメラと言えます。この2年半でCPU性能は倍になったわけですが、それ以上にメインメモリーの増加やGPUの高性能化が体感速度に効いてきます。5s世代に比べ、メインメモリーは2倍の2GBに、GPUはおおむね3倍程度高速になりました。アプリの切り替えも早くなりますし、近年増えてきた規模の大きなアプリでは、特に速度の違いがわかりやすいでしょう。

 ただ、それも、カメラの違いに比べれば、まだ小さな差といえます。5sでは3268×2448ドット(800万画素)だった撮影画像サイズが4032×3024ドット(1200万画素)に拡大、色再現性も増しています。画質の面では、iPhone 6s Plusと差を見つけるのが難しい状態です(写真3)。現在のiPhone用カメラは、13年のものに比べ、オートフォーカスの速度が劇的に向上しているのですが、ここもSEは6s Plusと同レベルです。データをみる限り、レンズも6s Plusと同じ4.15ミリ、f2.2です。4インチのディスプレーサイズのボディーに、最新のプロセッサー速度と最新のカメラを詰め込んだ、という言葉に偽りはありません。

■バッテリー持続時間の長さも魅力

 ディスプレーが小さいためか、バッテリー動作時間が長いところも魅力です。公式のスペックでは、iPhone 6sと比較しても、インターネット利用時のバッテリー動作時間が2時間長くなっています。筆者も、iPhone 6s PlusとSEを断続的に12時間連続で使い続けてみましたが、6s Plusのバッテリー持続時間が残り3割程度であったのに対し、SEは5割を切ったところでした。使用時間や条件がまったく同じにはならず、厳密な調査とはいいかねますが、「一般的な使い方では、iPhone 6s系よりSEの方が動作時間が長くなる」とは言えそうです。

 性能が6sに近く、バッテリー動作時間が長いのであれば、古い機種を我慢して選ぶ必要はありません。大きなディスプレーを求めない人、片手で軽く持てるサイズを求める人には強くおすすめできる製品、と言えそうです。

■通信速度は若干劣るが、安さは魅力

 とはいうものの、まったく同じ、というわけでもありません。LTEでの通信速度が、SEの方が遅いのです。

 現在のLTEネットワークでは、複数の周波数帯の電波を束ねて通信速度を上げる「キャリアアグリゲーション(CA)」という仕組みが使われています。iPhone 6s系もこの技術にもちろん対応していて、通信の高速化に寄与しています。iPhone 6s系の場合、CAが使えると、NTTドコモでは下り最大262.5Mbps、KDDIでは下り最大225Mbps、ソフトバンクでは下り最大165Mbpsを出せます。ただし、これはあくまで規格上の理論最大値で、実効値はもっと低くなります。

 今回はソフトバンク版の端末を借り受けたため、ソフトバンクの回線で、東京都内の駅各所で実験してみました。CAが使えるiPhone 6s Plusの場合、平均速度は30Mbps弱。高速な時には下り速度が70Mbpsから100Mbpsになることもありました。一方、SEは、もっとも良いデータで50Mbpsを超えたものの、ほとんどの数値が20Mbps以下となりました(表4)。

 そもそも通信速度はばらつきの出やすいもので、CA対応の6s系でも、混み合えば10Mbps以下に落ちる場合もあります。とはいえ、平均速度で言えば、CAを使えないSEは通信速度で劣るのは間違いありません。致命的な差である、とはいいませんが、CAの整備が進んだ都市部では、6s系の方がより快適であるはずです。

こんなニュースも