[PR]

 30日午前5時25分ごろ、愛知県大口町上小口3丁目の団体職員寺沢学さん(55)方の母屋から出火、木造平屋建て住宅約400平方メートルが全焼した。火は約1時間20分後に消し止められたが、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 同県警江南署によると、寺沢さん方は離れに家族4人が同居し、母屋には母親の幸さん(84)が1人で住んでいたという。幸さんと連絡が取れておらず、署が遺体の身元や出火原因を調べている。