[PR]

(30日、選抜高校野球 智弁学園2-1龍谷大平安)

 あとアウト二つ。1点のリードを守ってきた龍谷大平安の市岡から勝利がこぼれ落ちた。

 九回1死、ここまで低めに決まっていたチェンジアップが高めに浮き始めるなどして3連打。続く1番納に甘く入ったスライダーを中前に運ばれた。「信じて投げた球。悔いはない」と話した。

 準決勝を含む4試合を1人で投げ抜いた左腕の中指にはマメが出来ていた。「応急処置でしのいできたけど……。気持ちで投げてくれた」と原田監督。春夏通算100勝には届かなかったが、計579球を投じたエースをねぎらった。

こんなニュースも