[PR]

(30日、楽天5―0ロッテ)

 96球目だった。スライダーで最後の打者を見逃し三振に。九つの「0」を並べきった楽天・美馬は、笑顔で嶋と抱き合った。

 140キロ台後半のシュートは三塁側へ、140キロ近いカットボールは一塁側へ逃げていく。両極端の変化球が身長169センチの右腕の生命線だ。両コーナーに投げ分け、被安打3、ゴロのアウトは15を数えた。無四球での省エネ完封に、「スイスイいきすぎて、びっくりした」。

 クライマックスシリーズ(CS)でのプロ初完封から早2年半。その間、5勝16敗。昨季は右ひじを手術した。再起をかけた今季初登板で、リーグ戦で初完封。それが今季の両リーグ完封一番乗りに。「正直、CSより大きい。自信になった」。プロ6年目の29歳は、笑った。(小俣勇貴)

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら

関連ニュース