タイ・バンコク中心部の全長約41キロの鉄道システムの建設を、三菱重工業と日立製作所、住友商事が受注した。3社が30日発表した。受注額は約1120億円。2020年の完成をめざす。バンスー駅を起点に北に約26キロ、西に約15キロ延びる鉄道で、タイ国鉄が運営する。三菱重工が信号・軌道などのシステムの設計と部品の調達、日立製作所が車両の設計と製造、住友商事が契約などのとりまとめをする。建設費は日本政府による円借款とタイ政府の自己資金でまかなう。