[PR]

 朝鮮学校への自治体の補助金をめぐり、文部科学省が再考を促す通知を都道府県に出したことを受け、全国朝鮮高級学校校長会などは30日、記者会見を開いて通知の撤回を求めた。

 校長会長で東京朝鮮中高級学校の慎吉雄校長は「拉致や核、ミサイルなどの外交・安保問題と朝鮮学校は関係ない」としたうえで、「子どもたちの等しく学ぶ権利を侵害することは許されない」と批判した。同校高級部2年の女子生徒(17)も「自分たちの文化や言葉、歴史を学び、友達と笑い合う。当たり前の学校生活を否定されたような気持ちです」と訴えた。