[PR]

 自民党は夏の参院選で、「五体不満足」などの著書で知られる作家の乙武洋匡氏(39)の擁立を見送る方針を決めた。週刊新潮が報じた乙武氏の不倫問題への批判が高まり、公認すべきでないと判断した。

 自民は当初、東京選挙区か比例区での擁立を検討し、4月上旬にも正式発表するよう調整。しかし、不倫問題が発覚し、乙武氏本人も事実関係を認めて自身の公式ホームページで謝罪した。

 自民党では「育休宣言」をした宮崎謙介前衆院議員が不倫問題で離党し議員を辞職。大西英男衆院議員が「巫女(みこ)さんのくせになんだ」と発言して批判を浴びたばかり。党関係者は「乙武氏を公認すると、さらに女性票が離れかねない」と話している。

こんなニュースも