佐川急便を傘下に持つ陸運業界3位のSGホールディングス(HD)と、同4位の日立物流は30日、お互いの株式を持ち合う資本提携をすると発表した。国内で貨物市場が伸び悩むなか、国内外の一貫物流や通信販売の配送、海外事業での競争力を高める。将来の経営統合も視野に協議を進めるという。

 日立グループが母体の日立物流は企業との取引が多く、海外事業や倉庫管理などにも実績がある。佐川は宅配便で高いシェアを持っている。人手不足で人件費の高騰も広がってきており、強みを互いに利用し合う考えだ。SGは日立製作所から日立物流株式の29%を買い取り、日立物流はSGから佐川急便の株式の20%を買う。

 SGと日立物流をあわせると、2015年3月期の売上高は1兆5360億円。日本通運(1兆9249億円)に次ぐ業界2位の規模になる。SGの町田公志社長は会見で、「シナジー(効果)が出れば、最後は経営統合したい」と言い切った。

 一方、日立物流を子会社から外す日立製作所は、インフラ分野などに経営資源を集める。

こんなニュースも