東芝は30日、白物家電の製造・販売を手がける子会社、東芝ライフスタイル(東芝LS)の株式の80・1%を、中国家電大手の美的集団(広東省)に売ることで合意した。売却額は537億円。美的は東芝LSの従業員や生産拠点を引き継ぎ、東芝ブランドを使って事業を続ける。

 白物家電事業について東芝は18日、美的に売却する方針を明らかにし、交渉を続けてきた。東芝LSは赤字が続いて多額の負債を抱え、これらも美的に引き継がれるため、売却益は税引き前で約900億円にのぼる見通しという。

 株式譲渡日は6月30日の予定で、売却益は2016年4~6月期に計上する。東芝LSは東芝の持ち分法適用会社から外れる。「ブランドが維持されることなどを考慮」(広報)し、東芝は残る19・9%の株式を持ち続けるが、8年過ぎた後は美的に売却できる条件も盛り込んだ。

 東芝LSの白物家電の生産拠点は、中国とタイの主力工場のほか、新潟県に炊飯器などの工場がある。従業員は国内外で1万4600人。現在、早期退職を募っており、美的に移る従業員数は未定。美的は買収によって日本のほか、東芝の知名度が高い東南アジアで事業拡大をめざす。

こんなニュースも