[PR]

 岩波書店は4日、隔月刊の雑誌「文学」を11・12月号(11月末発行)で休刊すると明らかにした。編集部は「発行部数の減少に歯止めがかからないため」としている。5・6月号で読者に説明する。

 同誌は、1933(昭和8)年に「純正なる文学理論の建設」などを目指し、月刊誌として創刊。第2次大戦末期の45年に入って10カ月休刊したものの、創刊から80年以上にわたり、文学研究の最新情報を届けてきた。90年には季刊となったが、全集未収録だった谷崎潤一郎の「小僧の夢」を掲載するなど話題を集めた。2000年から現在の隔月刊となった。(塩原賢)

こんなニュースも