【動画】気持ち悪いと言われがちな動物や虫らが展示された「キモい展」=小川智撮影
[PR]

 忌み嫌われたり、不快に感じたりされがちなものに光をあてる催しが、なぜか各地で盛況だ。

 名古屋市中区の名古屋パルコ西館ギャラリーで開催中の企画展「キモい展」(5月15日まで)は、不思議な色や形の昆虫や両生類、爬虫(はちゅう)類など30種超が、生態の解説付きで薄暗い会場に展示されている。茶色に光る無数のゴキブリのタワー、幼虫がうじゃうじゃうごめくトンネル、「世界三大奇虫」といわれるウデムシ……。動物園や水族館の一般的な「人気者」とは一線を画する内容だが、来場者は「みてみて!」とはしゃいだり、「意外にかわいい」と見入ったり。

 初日に駆けつけた公務員の男性(23)=名古屋市=は「どのぐらいキモいのか好奇心で来たけど、想像以上だった」と笑顔。熱心に写真を撮っていた女性会社員(23)も「実生活で近寄ってきたらイヤだけど、接近して見られる機会は貴重」と満足そうだった。パルコによると、10~20代の若者や家族連れなどに人気という。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら