[PR]

 飼い主のもとから行方不明となったシバイヌが今月9日、前橋市内の上毛電鉄の線路脇で左の前後の脚を切断した状態で見つかった。列車にひかれたとみられる。犬は警察署で保護され、その後、動物病院で手術を受け、命を取りとめた。ただ、警察は市役所に連絡したものの、休日の当直態勢で保健所へは話が伝わらず、署が飼い主を特定して引き渡せたのは発見から2日後だった。

 前橋東署と動物愛護のNPO「群馬わんにゃんネットワーク」によると、この犬は9日に行方が分からなくなり、飼い主が別の警察署に届けを出した。

 その日午後、上毛電鉄の線路脇でけがをした犬を見つけた男性が110番通報し、前橋東署員が保護した。署は動物保護を担当する前橋市に連絡したが、土曜日で、市によると、当直が「週明けの対応になる」と答えた。負傷動物の治療などは前橋市の対応になるとして、署員が署内で定期的に犬の様子を見たり水を与えたりしたという。署は月曜の11日、市保健所に連絡し、首輪の鑑札などから飼い主を特定したという。

 その後、群馬わんにゃんネット…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら