中国国営新華社通信は18日夜、熊本県などでの一連の地震を受けて、習近平(シーチンピン)国家主席が天皇陛下に「中国の政府と人民を代表し、犠牲者への深い哀悼と遺族や負傷者への心からのお見舞い」を伝える電報を送ったと報じた。

 新華社によると、習氏は「日本の人民が一日も早く困難を克服し、郷里を再建できるよう心からお祈りする」とした。

 中国は2011年の東日本大震災の際にも、当時の胡錦濤(フーチンタオ)国家主席が天皇陛下に同様の電報を送った。(北京=倉重奈苗)