[PR]

 乙武洋匡さん不倫問題を読み解く必読書? 重度身体障害者男性の性的介助の支援をしている一般社団法人ホワイトハンズ(新潟市西区)の坂爪真吾代表理事(34)が、「セックスと障害者」(イースト新書)を出した。障害者の性の現状を示す八つのエピソードを紹介し、「純粋な天使のような存在」「可哀想な性的弱者」といった固定観念からの脱却を訴えている。

 同書では、ホワイトハンズの利用者が介助要請を通じて自己決定権を獲得していく過程の話や、長崎県の社会福祉法人による知的障害者向け結婚推進事業「ぶ~け」の取り組みなどを紹介。性的少数者(LGBT)であり、何らかの障害もある「ダブルマイノリティー」についての章では、LGBT当事者らの団体「LGBTにいがた Love 1 Peace」の高橋佳生代表(34)にも取材した。

 坂爪さんは「障害のある人にとって、性的な自立が社会的な自立につながる部分がある。性的な自立をきちんと支援できるような制度作りや支援をもっとやっていこうということを訴えたかった」と話す。

 4月の発売前には、ベストセラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら