[PR]

 ベトナム国営紙タインニエン(電子版)は20日付で、中国が人工島を造成して開発を進める南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島のヒューズ礁(中国名・東門礁)の最近の様子を、写真付きで報じた。

 同紙によると、今月14日に記者が同礁に船で近づき、取材した。写真には白い壁の高層ビルのほか、球体やパラボラ型の複数のレーダーアンテナ、通信用とみられる鉄塔型のアンテナなどが写されており、「巨大なレーダー基地」のような外観となっている。

 建物の高さは不明だが、記事で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも