【動画】バスケットボールの魅力を語る井上雄彦さん=安冨良弘撮影
[PR]

 日本のバスケットボール界が今年、生まれ変わる。国内に二つあったリーグが統合され、新たに「Bリーグ」が秋にスタートする。大きな節目を前に、漫画「スラムダンク」の作者、井上雄彦さん(49)がBリーグへの思いを語った。今回のイラストのテーマは“胎動するBリーグ”。「日本中にいるバスケ好きの人たちの熱を、1人の架空の選手の背中に込めました」

 スラムダンクが終わって、もう20年になります。一つの満足を得て、そこからはバガボンドとか、全然違うものを描きたくなった。バスケットボールとの距離は、かつてよりも開きました。

 それがここ1年くらい、どんどん縮まっているんです。バスケが寄ってきているのか、僕が近づいているのかは分からない。良くも悪くも、バスケ関係の話題が世間的に多いということもあるでしょう。古い友人が「また飲もうや」と誘ってくれているような感覚。そしてまた、頻繁に会うようになった。そういう感じがします。

 バスケを始めたのは高校です。それまでは剣道を。何か球技をしようと思っていたら友人に誘われました。軽い気持ちだったから、ここまではまると思わなかった。自分は初心者。下手くそでも、一生懸命やれば、だんだんできるようになる過程にワクワクしました。全体練習の後に1人で残ってやる練習が好きで、ドリブルしたり、シュートしたり。ボールの重みを通して、自分の体と対話するのが楽しかった。

 漫画家になろうと思ったのも高校生のときです。題材として描けるものはバスケだけ。10代の乏しい体験の中で、うそじゃなく、人に伝えられるものがそれしかなかった。幸い、当時はバスケがテーマの漫画は少なかった。俺が描くから誰も描かないでくれ、と思っていました。バスケをやっていなかったら、漫画家になれたかどうかが分からない。バスケとの出会いが人生を変えました。

 2006年に集英社などと協力…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら