[PR]

 熊本県などでの一連の地震の回数が28日午前9時ごろ、1001回に達した。14日の最初の地震から16日の本震をはさみ、26日までに観測した震度1以上の地震は1日平均70回。多い日は202回を数えた。

 気象庁によると、地震発生から13日間におけるマグニチュード3・5以上の地震の回数は215回。1995年の阪神・淡路大震災以降の内陸および沿岸で起きた主な地震で最多。