[PR]

 独フォルクスワーゲン(VW)は28日、米国で実施する不正車両の所有者への金銭補償について、欧州などほかの地域では応じない考えを示した。不正車両の買い取りも欧州では行わないとした。欧州ではVWの対応に不満が高まっており、補償を求める訴訟が増える可能性もある。

 米国では不正車両のリコール(回収・無償修理)計画の承認を得る交渉が難航していたが、21日に米環境当局などと、不正車両の買い取りや所有者への金銭補償で合意。米国の不正車両約60万台のうち約50万台が買い取りの対象になる。

 一方、世界の不正車両約1100万台のうち約8割を占める欧州では、リコール計画の承認を受けて1月から作業を始めており、「今のところ燃費などに影響なく直せる」としている。

 マティアス・ミュラー最高経営…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも