[PR]

 川崎市は31日、在日コリアンの排斥を訴えるヘイトスピーチを繰り返している団体側に、市内の二つの公園の使用を許可しないと発表した。不許可処分の決定は5月30日付。団体は6月5日に市内でデモを予告しており、集会場所として公園使用の許可を申請していた。

 ヘイトスピーチを巡っては、解消に向けた取り組みを国や地方自治体に求める法律が5月24日に成立している。福田紀彦市長は、申請してきた団体がこれまでに法律が定めるヘイトスピーチなどをしてきたことから、同様の言動が行われる可能性が高いとし、「不当な差別的言動から市民の安全と尊厳を守るという観点から判断した」とのコメントを出した。(河井健)