[PR]

 ケニア政府は4月30日、象牙を目的としたゾウの密猟撲滅を訴えるため、密猟・密輸者から押収した象牙約105トン(約8千頭分)を焼却処分した。首都ナイロビの空に、炎と煙が高く立ち上った。アフリカゾウは密猟で数が激減。ケニアのケニヤッタ大統領は象牙取引の全面禁止を今秋の国際会議で訴える方針で、国内取引が続く日本にも影響が及ぶ可能性がある。(ナイロビ=三浦英之