[PR]

 アフリカで、ゾウの密猟が止まらない。象牙の密輸や密売に対する国際的な規制が、骨抜きにされているからだ。最大の消費地は中国とみられている。それぞれの現場で、記者が実態を追った。

 中国語では象牙の「象」と吉祥の「祥」が同じ発音になり、縁起が良いとされる。宝石ほど高価ではないが、独特の光沢に人気があり、役人などへの贈答品としても使われるという。

 国際社会の批判を受け、中国では2015年秋から19年まで、これまで輸入の口実にされてきた狩猟ツアーの記念品も含め、商業名目での象牙の輸入を全面的に禁止した。国内の販売にも厳しい目が向けられている。

 南部の広西チワン族自治区柳州。周辺国から密輸象牙が流入する同自治区でも、昨年の輸入禁止後、中心部の古美術品市場から象牙が消えたという。正当な証明書などがないからだ。

 だが車で10分ほど離れた玉石や家具などを売る市場では、「うちにはないけど、向かいの店には売っているよ」と耳打ちされた。

 女性店員に尋ねると、奥からプラスチックケースに入った象牙を出してきた。中には、ネックレスや腕輪、仏像、印章など十数個が入っている。「全部新品の天然物だよ。人に贈るのかい? だったら高ければ高いほどいいよ」

 長さ7~8センチの印章は約2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも