[PR]

 地球から39光年離れたみずがめ座の方向で、太陽より小さくて暗い矮星(わいせい)と呼ばれる星を回る、地球ほどの大きさの三つの惑星を発見したとベルギーなどの国際チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。表面に液体の水が存在する可能性があり、地球外生命探しへの期待が高まりそうだ。

 南米チリにある欧州南天天文台(ESO)で観測した。この矮星の質量は太陽の10分の1以下で、表面温度は太陽の半分以下の約2400度。赤褐色の暗い光が周期的に弱まる現象を詳しく分析し、三つの惑星をみつけた。

 惑星のうち二つは、1・5日と2・4日周期で矮星のそばを公転。残り一つも、数日から最大約73日で公転しているとみられる。いずれも公転軌道が矮星に近いため、表面が適度に温められ、生命が存在できる可能性があると判断した。

 矮星は太陽の周囲にある恒星の約15%を占めるが、暗くて観測しにくいことなどから、詳しい分析は遅れていた。今後は、地球に似た惑星を探す有望な候補になりそうだ。研究チームは「地球外生命探しのパラダイム・シフト(考え方の転換)」などとしている。(ワシントン=小林哲