【動画】バスケットボール対談 井上雄彦さん・田臥勇太選手=瀬戸口翼撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(49)とBリーグ選手の対談企画の第1回は、日本人で初めて米プロバスケットボール協会(NBA)のコートに立った田臥勇太選手(35)。2人の言葉からは“バスケ愛”があふれた。

 井上 スラムダンクにでてくる高校王者の山王工業のイメージのもとは、能代工(秋田)です。連載の最後の年に田臥選手が入学して、卒業までに9冠を達成。のちにNBAでプレーすることも含め、「漫画だから描ける」と言われそうなことを次々と現実にしてしまう。漫画家泣かせのとんでもない男です。

 田臥 スラムダンクを読んだ回数は数えきれません。高校時代や30代など、読んだ時期によって勉強になることが違う。アメリカ留学を目指していた流川や沢北(ともに登場人物)がどういう思いで向こうへ行こうとしているのか、20代のころにはリアルに感じられた。僕にとってのバイブルです。

 井上 連載前は、バスケ漫画はヒットしないと、編集の人に言われた。けど、その言葉を信じなかった。やる面白さと見る面白さの両方を100%信じていました。バスケは悪くない。あとは、自分ががんばるだけだと思っていました。

 田臥 ぼくが自分でドアを開けなくてはいけなかったのは、高校を卒業してNBAを目指していたころ。先が分からないのは当然。何も気にしていられなかったですね。毎日与えられた環境、状況でベストを尽くすことだけでした。

 アメリカでは、スピードと、周…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも