【動画】熊本城天守閣のシャチホコは屋根に落ち、櫓や門が大きく壊れていた=西畑志朗撮影
[PR]

 熊本地震で大きな被害を受けた熊本城(熊本市中央区)が11日、地震後初めて報道陣に公開された。

 多くの観光客が出入りしていた頰当(ほほあて)御門をくぐると、石垣や建物が大きく崩れていた。天守閣前の広場には、屋根から落ちた瓦が散らばっていた。最上部に据えられていたしゃちほこは、下の方の屋根に割れた状態で落ちていた。

 13棟ある国の重要文化財では、宇土櫓(やぐら)の続(つづき)櫓や不開(あかずの)門が、元の姿が想像できないほどに壊れていた。北十八間櫓は完全に崩壊し、ブルーシートがかけられていた。

 熊本城総合事務所の河田日出男所長は「石垣や建物が余震などで倒壊する恐れもあり、復旧の見込みや一般公開のめども立てられない」と話した。(西畑志朗

関連ニュース