[PR]

 熊本地震の被災地を支援しようと、全国農業協同組合中央会(全中)は12日、東京・大手町のJAビル4階「ミノーレ」で、熊本県産の農産物などを販売する「がまだせ!熊本!JAまるしぇ」を開いた。

 熊本特産のトマトやスイカ、メロンなどのほか、デコポンのゼリーなどの加工品、熊本の豚肉ブランド「りんどうポーク」を使ったしょうが焼き弁当も限定100食で販売された。生鮮品はすべて震災後に収穫されたものだという。イベントは13日も開かれる。

 仕事の休憩中に訪れ、弁当などを買った会社員湊光(てる)さん(60)は「年も年だからボランティアにも行けないし、こういう形で貢献できれば」と話していた。問い合わせはミノーレ(03・3212・2355)。