日本人の感性で読み解いたダイナミックなシェークスピア劇などで知られ、国際的な活躍で「世界のニナガワ」と呼ばれた演出家、蜷川幸雄(にながわ・ゆきお)さんが12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため、東京都内の病院で死去した。80歳だった。通夜は15日午後6時、葬儀は16日正午から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻宏子(ひろこ)さん。宏子さんは1980年代まで俳優、真山知子(まやま・ともこ)として活躍し、現在はパッチワーク・キルト作家。写真家の蜷川実花さんは長女。

 埼玉県川口市生まれ。55年に劇団青俳の研究生となり俳優としてスタート。68年に蟹江敬三、石橋蓮司らと「現代人劇場」を結成し、翌年、清水邦夫作「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビュー。若者の体制への怒りを鋭く表し、アングラ演劇の旗手となった。

 74年、日生劇場(東京)で「ロミオとジュリエット」を演出。疾走感あふれる鮮烈な表現が大劇場に新風を吹き込んだ。続く、「王女メディア」「NINAGAWAマクベス」「近松心中物語」などで、戯曲の本質に大胆に切り込み、美しく視覚化する演出を確立。若い頃は、やる気のない俳優に灰皿を投げる激しい稽古でも知られた。

 代表作はほかに「テンペスト」「唐版 滝の白糸」「タンゴ・冬の終わりに」「身毒丸」「海辺のカフカ」など。

 83年にギリシャ悲劇「王女メディア」のアテネ公演などを成功させて以降、ほぼ毎年、海外公演を重ね、高い評価が定着。英国ロイヤル・シェークスピア劇団との「リア王」など海外との共同制作も度々手掛けた。

 15歳の藤原竜也を「身毒丸」の主役に選んだのをはじめ、小栗旬、鈴木杏ら多くの若手を育てた。また、吉田鋼太郎を主役に抜擢(ばってき)するなど、多くの俳優を花開かせた。

 99年にシアターコクーン(東京)、06年には彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督に就任。高齢者劇団「さいたまゴールド・シアター」を設立した。09年には無名の若手俳優を集め「さいたまネクスト・シアター」も作った。

 99年度朝日賞。02年英国名誉大英勲章第3位、04年度文化功労者、10年度文化勲章。03~10年、桐朋学園芸術短大学長を務めた。

 心臓や肺などに病気を抱え、90年代後半から入院や手術を繰り返したが、創作意欲は衰えず、14年11月に公演先の香港で倒れた後も車椅子で稽古に復帰。15年は4本を新たに演出した。

 特に、「さいたまゴールド」と「ネクスト」による新作「リチャード二世」では、30台以上の車椅子を登場させるなど、自らの不自由さを表現に反映し、鮮やかな舞台を作った。

 昨年12月、「元禄港歌」の稽古中に体調を崩し、入院。今月25日開幕の「尺には尺を」は病床から演出の指示を出したが、稽古には参加できなかった。