[PR]

 22日午後11時(日本時間23日午前1時)ごろ、タイ北部チェンライ県にある小学校の女子児童寮から出火し、5歳から12歳の女児少なくとも17人が死亡、5人が負傷した。警察が原因を捜査している。

 チェンライ警察署や学校関係者によると、火災があったのは、キリスト教系の財団が運営する小学校で、近隣の山岳少数民族の子供など貧しい家庭の子を受け入れていた。女子児童寮は2階建てで、約40人が生活。出火当時、子供たちの多くは2階で眠っていた。火元は1階とみられ、煙に巻かれて犠牲になった児童が多い模様だ。1階には調理場や衣類を収納する部屋などがあるという。(バンコク=大野良祐)