[PR]

 スイスの検察当局は24日、スイスのBSIバンクを資金洗浄や汚職の疑いで訴追する手続きを始めたと発表した。BSIは、不透明な資金の流れが問題視されているマレーシア政府系ファンド「1MDB」の取引に関与していた。

 BSIが拠点を置くシンガポールの通貨金融庁も24日、「資金洗浄対策義務で重大な違反があった」などとして国内の商業銀免許を取り消すと発表。経営幹部らを取り調べるよう、同国の捜査当局に要請した。通貨金融庁はBSIに対し、約10億円の罰金も科す。

 BSIをめぐる容疑は、1MDB関連の銀行口座がスイスにあることなどを理由に、スイス検察が1MDB関係者を捜査する中で浮上した。検察に協力したスイス金融市場監査局によると、BSIは不正防止のために金融機関に課された金融取引時の確認義務などを怠って1MDBの送金などに関与していたという。

 マレーシアのナジブ首相が設立した1MDBは、使途不明金や元子会社を通じた資金の流れが問題視され、昨年7月にはナジブ氏が同ファンドから7億ドル(約770億円)近い資金を不正に受け取ったとの疑惑も浮上した。ナジブ氏は関与を否定している。(シンガポール=都留悦史)