[PR]

 世界の自動車大手が、ITを使った配車サービスの新興企業に急接近している。24日にはトヨタ自動車が米大手ウーバー・テクノロジーズとの提携合意を、独フォルクスワーゲン(VW)もイスラエル企業への出資を発表した。この分野は海外で急成長し、将来自動運転の「無人タクシー」に発展する可能性もある。技術革新の波に乗り遅れまいと、対応を急いでいる。

 「ライドシェア(相乗り)は、未来のモビリティー社会を創造する上で大きな可能性がある」(トヨタの友山茂樹専務役員)

 「世界最大の自動車会社が当社に投資を行うことは喜ばしい」(ウーバーのエミール・マイケル氏)

 この日、両社が発表した資本・業務提携の中心は、一般ドライバーが自家用車などで他人を運んで収入を得るライドシェア事業の強化だ。海外でウーバーの運転手にトヨタ車をリースで貸し、運転手が収入からリース料を払う仕組みをつくるほか、車載アプリも共同開発する。資本面でもトヨタの子会社などがウーバーに出資し、関係を強める。

 ライドシェアは米国ではすでに日常的なサービスだ。2009年創業のウーバーは草分けで、市場で想定される企業価値は6兆円超と米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)を上回る。東京でもタクシー会社などと提携し配車サービスを手がけるが、日本ではライドシェアは「白タク」として禁じられていることもあり、提携に伴う新サービスの予定はないという。

 世界の自動車大手は競うように…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら