[PR]

 「トトロの樹(き)」と呼ばれて地域の人たちに親しまれているケヤキの大木が、杉並区西荻北4丁目にそびえている。伐採や立ち枯れの危機もあったが、地元住民がまちのシンボルとして守ってきた。その歴史を伝えようと住民たちは5月、絵本をつくった。タイトルは「坂の上のケヤキ キセ木の物語」――。

 「わたしは、伐(き)られてしまうかもしれないんですよ……」。物語で、ケヤキがそう語る。伐採計画を知った住民たちは、力を合わせて反対署名を集めて木を守る。絵本は実話に基づくストーリーだ。

 JR西荻窪駅から歩いて約10分の住宅街。高さ約23メートル、幹の周囲約5メートルで、大きく広げた枝に緑色の葉を茂らせたケヤキの大木。その姿は映画「となりのトトロ」に出てくる木に似ていると評判になり、ファンも訪れる地元のシンボルだ。

 一帯では2008年、マンショ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら