[PR]

 3日午前7時50分ごろ、北海道鹿部町本別の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で、演習中の隊員が男児を発見した。道警は、5月28日から行方不明になっていた北海道北斗市の小学2年、田野岡大和君(7)とみて、身元の確認を急いでいる。目立ったけがはないという。

 道警によると、男児は隊員に大和君の名前を名乗ったという。発見されたのは同演習場にある隊員用の宿舎で、大和君が行方不明になった現場から6~7キロの地点という。

 大和君は5月28日、家族4人で北海道七飯(ななえ)町の東隣の鹿部町の公園を日帰りで訪れた。その際、小石を人や車に向けて投げたため、両親が同日午後5時ごろ、「しつけのため」として現場付近で車から降ろし、5~10分後に戻ったところ、大和君がいなくなっていたという。両親は当初、「山菜採りの最中に行方不明になった」と説明していた。

 警察や消防などは5月28日から連日捜索していた。

 北海道函館市の市立函館病院によると、田野岡大和君は3日午前9時10分ごろ、同病院に搬送された。

     ◇

 北海道警によると、北海道鹿部町の陸上自衛隊駒ケ岳演習場内で発見された男児は、3日午前9時35分、両親により行方不明になっていた田野岡大和君(7)と確認された。