[PR]

 小学校でのプログラミング教育の必修化について、文部科学省の有識者会議は3日、議論のとりまとめをした。新たに教科を作るのではなく、すでにある「総合的な学習の時間」や教科の中で実施し、どの教科や学年にするかは各校が決める。今後は中央教育審議会で議論し、次期学習指導要領に盛り込んで2020年度から必修化する見通し。

 案は、プログラミング教育を、コンピューターを介して意図を実現する手順を論理的に考える力を育むことだと位置づけ、その力は「どんな職業に就くとしても時代を超えて普遍的に求められる」とした。実施には、ICT(情報通信技術)環境の整備や教員研修を通じた指導体制の確保が不可欠だとしている。

 次の学習指導要領には総則に明記する。それぞれの教科でどうプログラミング教育を使うかについては、情報に関する課題を探究する中で取り入れる(総合的な学習)▽電気製品にプログラムが活用されていることに気づかせる(理科)▽図の作製(算数)▽見通しをもってまとまりのある音楽をつくる(音楽)――などと例を挙げた。

 小学校でのプログラミング教育…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも