[PR]

 朝日新聞社が4、5両日に行った参院選連続世論調査(電話)では、参院選で投票先を選ぶとき、どの政策を重視するかも尋ねた。選択肢から二つ選んでもらったところ、「医療・年金などの社会保障」が53%で最も多く、「景気・雇用対策」45%、「子育て支援」33%と続いた。

 次いで「消費税の引き上げ延期」23%、「安全保障関連法」17%、「憲法」10%、「外交」9%だった。

 参院選で仮にいま投票するなら、比例区ではどの政党に投票したいと思うかを政党名を挙げて尋ねると、自民39%、民進12%、公明7%、共産7%、おおさか維新の会6%――などとなった。

 参院選の改選121議席のうち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも