[PR]

 東京都の舛添要一知事は、政治資金の私的流用疑惑などについて元検事の弁護士2人に依頼した調査結果を、6日午後4時に公表する。調査に携わった弁護士とともに記者会見を開く予定で、舛添氏は続投の意向を表明するとみられる。

 舛添氏は記者会見に先立ち、都議会に説明する。政治資金の使途について政治資金規正法などの違法性の有無や、道義的な問題への見解などが示される見通しだ。

 舛添氏の依頼を受けた弁護士は、政治資金の使途のほか、公用車の使い方や高額な海外出張費など一連の問題について、先月25日から調査を開始。舛添氏は記者会見などでは「調査報告を踏まえた上で対応したい」などと述べ、疑惑への具体的な説明や進退への言及はしていなかった。

 都議会では7日に代表質問があり、一連の問題についての追及が始まる。調査結果を踏まえて質問するため、都議会の議会運営委員長が知事側に6日に公表するよう申し入れていた。

 舛添氏をめぐる一連の問題について、都議会では与野党ともに追及姿勢を強めている。代表質問や一般質問以外に、総務委員会に知事を呼んで一問一答形式で質疑する集中審議も避けられない見通しだ。