[PR]

 計1分間の激しい運動が、45分間のゆるやかな運動と同じくらい糖尿病予防や心肺機能の改善に役立つ――。そんな研究成果をカナダの大学の研究チームが米科学誌プロスワン(電子版)に発表した。多忙な人に朗報となりそうだ。

 研究チームは、糖尿病などの慢性疾患の治療で効率的な運動方法を調べるため、運動習慣のない男性25人(平均27歳)を、「激しい運動」もしくは「持続的な運動」を週3回計12週間するグループと、「運動しない」グループの三つに、無作為に分けた。

 「激しい運動」は自転車を全力で20秒こぐのを計3回するもので、合間に2分間は軽くこぎ、準備運動とクールダウンも含め計10分。「持続的な運動」は最大心拍数の7割程度で45分間、自転車をこぎ続ける有酸素運動で、全体で計50分かかる。激しい運動中の負荷は持続的な運動の4~5倍だ。

 12週間後の健康効果を調べた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら