[PR]

 米大統領選で民主党は7日、カリフォルニア州やニュージャージー州など6州で予備選・党員集会を実施した。クリントン前国務長官(68)は代議員総数の過半数を確保し、勝利を宣言した。2大政党で初めて女性の指名候補となり、11月の大統領選本選で、共和党の実業家トランプ氏(69)と対決する構図が固まった。

 米東部のニュージャージー州予備選では、クリントン氏が勝利を確実にした。カリフォルニア州予備選でもリード。7月の民主党全国大会で投票権が与えられる連邦議会議員らの「特別代議員」に、予備選・党員集会の結果、獲得した「一般代議員」をあわせ、指名獲得に必要な代議員数2383人を大きく超え、指名獲得を確実にした。

 クリントン氏は7日夜、ニューヨークで支持者を前に演説し、「この国の歴史で初めて、女性が主要政党の大統領候補になるという画期的な出来事を達成した」と勝利宣言。また、自身のツイッターでも「今夜、我々は誇りを持って言える。米国では厚すぎて壊せない障壁も突き破れない天井もない」と性差別などを打ち破っていく決意を示した。

 2008年の大統領選ではオバマ大統領に党の指名争いで敗れた。2度目の挑戦となった今回も、サンダース上院議員(74)と予想外の接戦となったが、昨年4月に立候補表明してから1年2カ月でようやく党指名争いに決着をつけた。7月のペンシルベニア州フィラデルフィアでの党全国大会で正式に指名を受ける。

 オバマ大統領は7日夜、クリントン氏に電話し、指名獲得に必要な代議員数を確保したことを祝福した。オバマ氏はサンダース氏にも電話した。

 一方、サンダース氏は獲得代議員数でクリントン氏を逆転することは事実上不可能となった。ただ、7日のノースダコタ党員集会ではサンダース氏が勝利した。

 サンダース氏はこれまで党大会までは選挙戦から撤退しない意向を示しており、今回の選挙結果を受けて、どう対応するかが注目される。民主党内では、選挙戦が長期化するなかで、党内の亀裂も広がっており、クリントン氏は党内基盤の立て直しが急務だ。

 本選では、クリントン氏と共和党のトランプ氏の争いになる。

 トランプ氏は7日夜、ニューヨーク州で演説。クリントン氏は既成政治の象徴だとして「問題を作り出した政治家に頼っても、問題は解決できない」と強調した。また、サンダース氏支持者に対し、「両手を広げて歓迎する」と自身の支持に回るよう呼びかけた。(ニューヨーク=佐藤武嗣、中井大助

こんなニュースも