8日で発生から15年を迎えた大阪教育大付属池田小学校(大阪府池田市)での児童殺傷事件。時は流れても、わが子を失った家族や友を失った人たちは、いまも心の中にいる被害者とともに、それぞれの道を歩んでいる。

■学校の安全守りたい

 事件で亡くなった2年生の山下玲奈(れな)さん(当時8)と大の仲良しだった須藤真与さん(22)=兵庫県川西市=は今春、大学を卒業して高校の先生になった。心の中で玲奈さんの笑顔を思い浮かべ、教壇に立つ。

 7日夜、須藤さんは玲奈さんの自宅を訪れ、仏壇に「いつも見守ってくれてありがとう。私、先生になったよ。同級生のみんなも社会人だよ」と報告した。

 玲奈さんとは幼稚園の3年間、同じクラス。お互いの家に泊まりに行き、いつも一緒に遊んだ。川でカニを探したり変な顔を見せ合ったり。別々の小学校に進んでからも手紙を交換し、夏休みには英語で授業を受けるサマースクールに一緒に通った。同じ髪形にして撮った写真や「まよちゃんすきだよ」と書かれた手紙を今も大切に持っている。

 15年前、玲奈さんの家を訪ねると、涙を流したお父さんが横たわった玲奈さんの体をさすっていた。お母さんはおばあちゃんに抱きしめられ、泣いていた。

 そのときはのみ込めなかったが、約1カ月後、「ああ、玲奈ちゃんはおらんくなったんや」と理解した。おそろいで買ってもらったキャラクター「トゥイーティー」のハンカチを握りしめ、声を上げて泣いた。

 中学から大学まで部活動で剣道…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら