[PR]

 中国外務省は8日、南シナ海における中国の領有権主張の動きをフィリピンが「国際法違反」として常設仲裁裁判所に提訴したことに関して、「フィリピンが裁判手続きを直ちに停止するよう促す」との声明を発表した。同省はこれまで、フィリピン側に「騒ぎや挑発」などをやめるよう求めたことはあったが、裁判手続きの停止要求に踏み込んだのは初めてとみられる。

 国際社会の中国に対する批判が高まるなか、仲裁裁判所が近く出す見通しの判決をめぐっては、「中国に不利な内容になる」との見方が強まっている。声明には、そうした判決がでる前にフィリピン側に圧力をかける狙いがある。

 声明は「フィリピンの一方的な提訴は、中国とフィリピン間の争いは話し合いで解決するとの合意に違反し、国連海洋法条約の規定にも違反する」と指摘。「仲裁は受け入れず、参加しないとの厳正な立場を堅持する」との方針を改めて強調、「中国に強引に押しつけるいかなる紛争解決案も受け入れない」とした。

 そのうえで「中国は南シナ海の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも