[PR]

 米国史上最悪の乱射事件となったフロリダ州オーランドのテロは米国生まれのオマル・マティーン容疑者(29)の単独犯行とみられている。両親がアフガニスタン生まれで、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓ったという若者は、普段から性的少数者に憎悪を募らせていた。

 「多くの人が亡くなり、悲しんでいる。誰にとっても無益だ。大きな喪失だ」。容疑者の父は朝日新聞の取材にそう話した。

 容疑者の両親は、本人が住むフロリダ州フォートピアス近くのポートセントルーシーに住んでおり、「(米国に住んで)37年にもなる。この街にも米国にも大きな友情を感じている。なぜ息子はこんなことをしたのか。妻は一日中泣いている」と絞り出した。

 地元からの報道によると、マテ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら