[PR]

 パリ西郊マニャンビルで13日夜、幹部級の警察官が自宅前で刺殺された。容疑者の男は警官宅に立てこもり、突入した治安部隊に殺害されたものの、人質となっていた警官のパートナーの女性が遺体で見つかった。男は過激派組織「イスラム国」(IS)の信奉者との情報もあり、仏検察のテロ対策部門が捜査に乗り出した。

 IS関連の通信社「アマク」は事件後、「ISの戦士が警官とその妻を殺害した」との記事を配信した。ISからの指示など具体的な内容は含まれていない。

 容疑者の身元や動機は明らかでないが、AFP通信によると、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んで警官を襲ったとの情報がある。また、立てこもった際、治安部隊とのやりとりでISとの関連を口にした、とされる。警官のパートナーも警察署に勤める公務員だという。3歳の男児は無事だった。

 仏オランド大統領は14日未明、「強く非難する」との声明を出した。事件の全容解明に向け、14日早朝、関係閣僚らの会議を開く。(パリ=青田秀樹、ドバイ=渡辺淳基)

こんなニュースも