[PR]

 携帯電話大手3社より安くスマートフォンが使える「格安SIM」が人気だ。調査会社MM総研の15日の発表によると、3月末時点の回線数は1年前の約1・7倍に拡大。どの通信会社のSIMでも使える「SIMフリー端末」が増え、総務省の指導で大手が端末価格を引き上げたことも追い風になっている。

 MM総研によると、格安SIM契約数は539万4千回線に増えた。2年後の2018年3月末には、さらに2・2倍の1170万回線に伸びると予想する。急成長を後押ししているのは、料金の引き下げ競争を促したい総務省が打ち出した二つの政策だ。

 これまでKDDI(au)とソフトバンクは自社で売った端末で自社のSIMしか使えないようにしていたが、総務省がこれを禁止。昨年6月以降に発売されたスマホは、契約から6カ月が過ぎればどの通信会社のSIMでも使えるようになった(NTTドコモは先行実施)。大手で買ったスマホに、格安SIMを組み合わせる利用者が増えたようだ。

 もう一つが「実質0円」など行きすぎた端末値引きの禁止だ。総務省の方針が固まった2月から、大手はスマホの価格を上げており、中国メーカー製など比較的安い端末とセットで売る格安SIMに客が流れた。楽天モバイルは「2月の契約数は1月の1・3倍になり、その後も好調」(担当者)という。

■長電話しない人はお得に

 格安SIMを使うと、どのぐらい「お得」なのか。

 格安SIM各社の料金は、デー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら