[PR]

 英中部リーズ郊外で16日午後1時(日本時間16日午後9時)前、最大野党・労働党の女性下院議員ジョー・コックス氏(41)が路上で男に銃で撃たれ、死亡した。地元警察は、52歳の男の身柄を拘束した。動機などは分かっていないが、地元警察は単独犯とみている。コックス氏は23日に迫った国民投票で欧州連合(EU)への残留支持派として活動していた。

 英メディアが伝えた複数の住民の証言によると、男はコックス氏を大型の刃物で襲い、取り出した銃で複数回撃ったという。一部メディアは、男が国粋主義的な言葉を発したとの情報を報じた。現場にいた別の男性1人も軽傷を負った。コックス氏は16日午後、現場近くの図書館で住民と定例の面談を予定していた。

 コックス氏は残留支持派として、国民投票に向けて活発に運動をしていた。10日付の地元紙には「移民に対する人々の懸念はもっともだが、EUを離脱する理由にはならない」と残留を呼びかける意見を寄稿していた。

 事件を受けて、離脱と残留の両陣営はこの日の運動を自粛すると発表した。

 残留派、離脱派の主要人物は事件後、いずれもツイッターなどでコックス氏の容体を案じていた。残留を主張するキャメロン首相は「非常に心配している」、労働党のコービン党首は「事件にショックを受けている」と記した。一方の離脱派である保守党のジョンソン前ロンドン市長は「ぞっとするような事件だ」とツイート。英国独立党(UKIP)のファラージ党首も「回復を祈る」と記した。(ロンドン=渡辺志帆

こんなニュースも